スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強してきた成果です。

倶楽部展が終わり、もうひと頑張りと思っていたのですが、
さすがにこの何か月かの疲れと週末の寒さでちょっと夏バテしてしまいました。
で、昨日今日と、ぼーーーーーっと過ごした結果かなり回復。
やっぱり無理はいけませんね!! 

さて、遅くなりましたがカスティーヌで作ってきた作品です。

一つ目は額の作品

   2012_0616_074118-DSCN2952.jpg

5センチ四方の内窓の中に、とてもステキな自然の1シーンが作られています。
基本的には色を塗ったり組み立てたりという作業でしたが、
“この素材が使われているんだー!!”と思うようなアイデアがいっぱいでした。

次はステンドグラスのランプシェードです。

     2012_0616_061638-DSCN2947.jpg

何が大変って、まずは銅線をまげて中のお花1つ1つを形作り、枠も含め接合部分をすべて
はんだ付けしていくんですが、もともと何か道具を使うのが苦手な私。
1箇所ついたと思って次に行ったら、前のはんだが取れてしまうし、指は熱いし、
枠を作るだけで9時間もかかってしまいました。
それでも出来上がりは結構良いでしょ!!
終わってみれば“はんだ”も楽しかったです。 

最後は金蒔絵です。

2012_0616_074015-DSCN2949.jpg     2012_0614_210244-DSCN2909.jpg

テーブルは一流のミニチュア家具作家さんが作られたもので、講座ではその前面と側面に
思い思いのデザインを様々な金色の塗料や絵の具などで描いていきます。
西洋式というのでしょうか、日本の蒔絵とは違いますが、金の使い分けや
絵の具や道具の効果的な使い方、筆遣いなど、勉強になることがいっぱいでした。

ご自分たちの技術を惜しげもなく見せて教えて下さる先生方に、ミニチュアに対する
余裕というのでしょうか、作品に対する自信や人間の大きさを感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

金魚の小林

Author:金魚の小林
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。